パラバの服作り・3

e0382842_08153116.jpg

ゼロ ウェイスト (waste=無駄)


パラバでは、生産段階の全てにおいて原料のゼロウェイスト、

無駄ゼロを目標としています。


服作りは、縫製前の裁断の段階で大量の端切れができてしまいます。

パラバでは、製品デザインの段階からこの無駄を最小限に抑えることを考慮しており、

端切れを使ってミニバッグやヘアアクセサリーなどを作っています。

なのでこれらの小さいアイテムは、柄の見え方がまちまちになります。


また、生地の無駄を省くため、目立たないようなごく点状のシミや

どうしても発生してしまうプリントの抜け、

織り傷などの理由でその周辺生地を切り落とすことも極力避けています。


生地の無駄を省く事は、

環境の為のゼロウェイスト目標に近づくばかりではなく、

生産コストの無駄も無くし、

商品価格を抑えることにも繋がります。


パラバは、生地生産から縫製までに関わる人々と、

お買い上げ頂くお客様、製品を手にとって愛用して頂く全ての方々の

笑顔に繋がるような製品作りを続けることを誇りに思っています。



by PalavaJapan | 2018-02-15 12:00 | PALAVAについて