PALAVAヒストリー・1

e0382842_00404607.jpg

イギリス北東部、ヨークシャー地方にあるヤーンというとても小さな町に

1854年から続く、やはり小さな百貨店があります(今もあります!)。

ヤーン出身のリチャードソン夫妻が、POPPY(ポピー)という名前で

衰退しかけていたこの百貨店の中に1974年にオープンした、

更にもっと小さな子供布団屋さんがパラバの始まりです。

リチャードソン夫妻が地元のアーチストと作った楽しいプリント生地の子供布団は

町でとても人気になり、更にハロッズやジョンルイスなど

イギリス国内の有名百貨店でも販売されるようになりました。


その後それらのプリント生地を利用した子供服作りも始まりましたが

可愛いらしいプリントの子供服は次第に流行らなくなり、

2000年、リチャードソン夫妻は、小さいながらも25年以上続いていた会社を

遂に閉じることにしました、、、。



e0382842_01011859.jpeg


そんなポピーが蘇ったのは2010年。

リチャードソン家の4人兄妹の末っ子、ブライオニーが、

自ら手描きするイラストでプリント生地を作り、

ガールズドレス中心の子供服ブランドとして引き継いだのです。

その後地元の商標などの事情により、ブランド名も

「ポピー」から「パラバ」へと変わりました。


現在では長年各方面から要望の多かったレディースコレクションや、

バッグなどのホームコレクションも加わり、

ヨーロッパやアメリカを中心に、世界中にパラバファンが激増中。


パラバのドレスを着ると何故かとてもハッピーな気持ちになれる、

(今どき有り得ない?)魔法の洋服たちが日本にもやって来ました!








by PalavaJapan | 2018-02-15 12:00 | PALAVAについて